メガファイトVol.43 (11月18日:後楽園ホール)応援記5

ファイナルの岩佐亮佑選手(セレス)対ゼロフィット・ジェロッピ瑞山選手(千里馬神戸)の試合は、98-92,97-92,98-92、3-0の判定をもって岩佐選手が勝利し、日本バンタム級チャンピオンになりました。おめでとうございます!岩佐選手の持って生まれたボクシングセンスもさることながら、ここまで黙々と地道な努力を重ねてきた結果ともいえましょう。

試合後の囲み取材では、思ったように足が動かないなど王座決定戦のプレッシャーを感じたそうですが、強豪のジェロッピ選手を相手に、すべて5ポイント以上の大差をつけての判定勝ちはたいしたものだと思います。

認定証

囲み取材中の岩佐亮佑選手

思わず笑顔の岩佐亮佑選手